Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[23]科学的に解明される魂とは


 今号には多数の会員の皆様から楽しい内容の文章が沢山集まり、やっと私の文章もこの辺で書き納めにしてもよさそうでありがたく思っています。県の代表選手として出場し報告として書いていただいた若者の文章とベテラン会員の遊び心の多いエンジョイ型とは全くトライアスロンへの取り組み方が違っていることにお気付きだと思います。

私の文章はさらに高齢になってからピンピンコロリと死ぬまでのトライアスロンの取り組み方を書き始めた訳ですから、どうしても健康法的であったり、前号の「トライアスリートは求道家なのか」なんて精神修養的な臭みが漂ってしまい、さらに私の関心は古武道的な身体論や精神論にあるので、若い会員の方には年寄り臭くて嫌われているのではないかと心配しているのですが、元気な若い人の面白い体験が投稿が多くなれば私の潮時かと思っています。

初心者の方やスポーツ歴のない方は順位や記録に囚われがちです。ケガや病気をして何のためにしているのと疑問を持った時は、完走だけを目的にすると楽になります。トライアスロンは完走するだけで周りの人はスゴイと云ってくれますので、他人に分からない順位や記録の事を云っても空しくなるだけですから、私も制限時間ぎりぎりにゴールして完走を楽しむようになりました。フルトライアスロンでも完走だけなら、数を重ねれば体と心が覚えてくれますからトレーニングもそれ程しなくても何とか時間内にゴールできるようになります。健康にとってはそれ位が丁度良い感じで、レースは体力維持を測る健康診断だと思ってやっていました。

トライアスロンはもともと車社会の弊害で足腰が弱くなったアメリカでマラソンブームが起こり、生まれたのですから、怪我や病気をしては意味がありません。ところが、私の周りでは若い内に亡くなったり、ケガで引退する人を見てきましたので、健康法としてのトライアスロンの取り組み方を知って欲しいと思い、Finish Line発行業務をすべてお引き受けした機会に、味気ない連絡事項だけでは面白みがないので書き始めた訳です。そう云う私も定年後は自分の仕事も大変忙しくなり、35年も続けている神道夢想流杖道を指導する立場でもありますので、稽古に集中しなければならず、トライアスロン・トレーニングがまったくできなくなりました。トライアスロンは27年以上も取り組んだおかげで、肉体疲労に対する恐れがなくなり、武道での少々過激な稽古も厭わなくなり、いつでもトライアスロンを再開できるという自信があります。2019年のワールド・マスターの時は72歳になりますが、復活して挑戦したいと思っています。

トライアスロンをして良かったのは、まず持久力のある身体の作り方、疲労をいかに取るか、怪我をしない体 の使い方や風邪を引かないコツや、水分や食の取り方など数えきれない知恵を頂きました。お陰で20年以上もお医者様(歯科医以外)のお世話になっていませんが、どんなケガや病気も自分で直すと言う強い信念を養えたのも体を酷使して得た知恵であり、宝です。しかし、一般に高齢者はケガや故障が怖くて運動しなくなったり、病院通いと薬は当たり前と思っています。「医学不要論」を書いた内海聡さんと云う医師が登場するほど、現在の医療は信用できなくなっていますので、自分の体の事は自分が一番よく知っていると知恵を蓄え、何か不調があっても自分で治すようになるべきです。そんな人は周りを見ればいくらでもいます。例えば作家の五木寛之のような生き方が望ましいと思っています。「なるだけ医者に頼らず生きるために私が実践している100の習慣」や「新老人の思想」はぜひ読んで頂きたい本です。

では、ガンになったらどうするか? 最近はご存知のように「医者に行くな、3大治療は受けるな」が定説になって来ています。そう、健康保険制度によって医療システムに従った治療しかしてもらえない、人の命より利益が優先されていることを私たちも、やっと認識されるようになりました。しかし診療を拒否したら退院させられますが、その時にラッキー思えるようになれば、あなたの命は助かります。病気はメッセージだといわれてますので、生活習慣を食、息、想、動、環の視点で自分を振り返れば良いだけです。まずどんな食をして来たか。飲み過ぎ、食べ過ぎ、吸い過ぎなど胃ガン、大腸ガン、肺ガンなど自己責任なのはすぐ分かる。牛乳は骨折症状と乳がんを呼ぶので飲まない方が良いし、牛肉はアメリカ産は食べないようにしていますが、私も45歳頃までは焼き肉食べ放題に良く行き、切れ痔になって肉の食べ過ぎを反省し、玄米菜食中心に生活習慣を改めました。

息はヨガ・気功・座禅・瞑想の基本と知られている腹式呼吸法により自律神経を自己管理でき、ランニングやウォークは佐々木功監督の名著「ゆっくり走れば早くなる」を読めば有酸素機能を開発するコツが詳しく書かれてある。想はストレス管理、思考パターン、プラス志向などを学び、何かあった時にどんな反応をする癖があるか、直ぐに怒る、心配する、不安がるなど体に悪いことはしないこと。動は肉体労働が一番で、無駄な筋トレをして筋肉痛になっても整形外科に行くようなことはしない。環はどんな環境に住んでいるか? 空気が悪い、電磁波が多い、妻とよくケンカするとかいろいろあります。

しかし大切なのは「魂」ですが、これを説明するのが一番むずかしいですね。現代人は魂の存在なんて信じない人が多い、魂の働きと命との関わり合いが科学的に説明されていないから、自分の魂を癒しなさいなんて言っても、好き勝手な事してるのが一番なんじゃないですか、ってことになる。そうではなく、何か世間の常識に縛られていたり、周りの事に気を使い過ぎたり、仕事ばかりしてしまうとか避けられないと思っている事を一度スパッと辞めて旅に出るとか、温泉旅行するとか、入院に代わる静かな生活を取り返すとか。しかし「魂」については最近科学的に解明され始めたのだ。遺伝子学者の村上和雄を描いた「祈り」という映画も評判になったり、東大救急医療の矢作直樹教授の著書「人は死なない」がベストセラーになったり、気功家・中健次郎との共著「人は死なない、ではどうする」もあり、死後の世界や魂の輪廻転生を語る著書がブームになっている。しかし、もっとすごい数理物理学・量子力学・脳科学・冠光寺流柔術創始者でノートルダム清心女子大学 教授の保江邦夫が登場してきたのはすごい。

植芝盛平の合気道の極意を習得し、末期ガンからの生還、奇跡の体験〜合気(愛魂)から量子モナド理論により、万物すべて物理学のみならず合気の存在でさえ説明可能としている。UFOと宇宙人について深く研究し、UFOは愛魂の力で飛ぶと云っている。火星からきたアトランティス文明とギザの大ピラミッドにおけるハトホルの秘技になんてぶっ飛んだ内容の本まで書いている。人間=ヒト+魂、又は人間=肉体+精神+魂であり魂と心は同じではない、なんて量子力学から書く人が日本に現れたのがスゴイ。最近は産婦人科医の池川明さんが胎内記憶を研究し、「神様との約束」と云う映画が評判になっている。貴方は自分で親を選んで生まれてきた、そして日本人としての魂を持った。だから「日本人とは何か」を知り、そのルーツを辿れば「日本と云う国が世界最古の文明を今なお継続し繁栄している唯一の国であり、日本人に生まれる事は地球上でもっとも幸せなことだ」と言われるようになった。だからもっと有意義な生き方をしてガンなどで死ぬような勿体ない生き方をしたくないと思うようになれば、それが、貴方は魂の存在を認めたことになる・・・

保江邦夫先生のお薦めの本は『愛の宇宙方程式』から読まれるとよい。そして今何故にこんな科学者が多く私達の国に続出してきたのか、それを自分の魂に問うことになれば、世界最古の歴史を持つ日本人の魂はもっと輝くだろう。戦後GHQが「日本弱体化政策」で自虐史観を植え付けた理由が分かり、そこから卒業し、伊勢・出雲の同時遷宮から神話や古事記、カタカムナなどのブーム到来を祝い、魂をパワーアップすれば、日本は健康で豊かな実質的な長寿国家になる筈である。そして生活のなかで生かせるトライアスロンの国になって欲しいので、当タイトルのバックナンバーをネットで検索して読んでいただければ嬉しい。

(2014.1月)

<<前へ  ページのトップへ

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.