Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[20]生活に役立てるトライアスロン


 大災害が何時来ても不思議ではない、こんな時代だからこそトライアスロンによって「生きる力」を養ってきたことがどれほど幸運なことかと思うと感慨深いものがあります。歴史上どんなに繰り返し訪れる災害であっても、和の精神の助け合いで直ぐに立ち直ってきた民族性は今回の東北でも発揮され世界中から賞賛されました。一方ガンなど生活習慣病や躁鬱、自殺の増え方は尋常ではなく、さらに高齢化社会が進んでいけば、今までどおり精神が耐えられか心配です。

当初の会員は冬季登山が趣味の人が多く、オフシーズンの夏にトライアスロンが良いからと始めました。最初の練習会に私は普通のサイクリング車で参加したのですが、すでにみんなロードレーサーに乗っているのにビックリしました。置いて行かれて腹がたって直ぐにロードレーサーを買いに行き、3ヵ月後に第一回串本大会に初出場しました。その秋にはこの頃の少なかった大会の中から、スイムの代わりに山登りのある第三回小松トライアスロンに参加し、その後も3年連続して出場し、完走してもらえるゴール写真を見て足腰が年々逞しくなっていくのが楽しみでした。
淡路島や西脇へのロングライドも始め、体力が付き毎夏盆休みに20キロ近いリュックを背負って穂高や乗鞍、北岳を縦走に、トライアスロン大会にと参加するといった私の変わりように、職場の仲間からいつのまにか鉄人と呼ばれるようになり、入社当時とはまるで別人のような扱いになりました。35歳を過ぎて始めたのに体重も増え体格も一回り大きくなり、健康に自信が付きプラス思考で前向きになるなど、ここまで人生が変わるとは思いませんでした。

クラブを結成した当時はワープロが出始めた頃で、練習会を企画し、写真撮り、文章を書いて毎月会報を作り、会員に発送する役を引き受けました。この趣味が役立ち、勤務先での業務にワープロやPC導入の責任者になって貢献できたのもラッキーなことでした。新聞テレビに変わってインターネットが情報社会に不可欠なツールとなったパソコンが使えるのも、クラブや協会の会報作りが励みになったからです。今号からは優れもの編集ソフトAdobe InDesaignを入手して使い始めました。

さらにトライアスロンをしていて良かったのは、ストレスや仕事、生活一般の疲労を積極的に解消するのに、トライアスロン3種目による適度な肉体疲労と睡眠が最適だという経験知を得られた事です。世間一般に過激な肉体疲労は身体に悪いと思われています。しかし精神的な疲労の解消には肉体疲労で中和するという智慧を得たのも長年のトライアスロンの実践をしたおかげです。肉体労働をしても消化器・循環器の新陳代謝を活発にするからと、辛い仕事も率先してするようになりました。

家の仕事が便利で楽になり過ぎ、生活習慣病が増えています。高齢になっても利他の心で人に役に立つ存在であれば、生きがいにもなり日常生活にも張り合いが生まれます。トライアスロン協会でスタッフとして活動を続けられるのも、良き仲間と共に新しい大会を企画して多くのアスリートに喜んでいただけるからです。昨年来やっと兵庫県では潮芦屋、加西、大蔵海岸と立地の良い大会が生まれ、長い間低迷していた会員数も増えつつあることは嬉しいことです。

生涯現役で病気にならずピンコロリンと大往生するのが理想ですが、そのためには競技ではなく生活に役に立つために自転車に乗り、走り、歩き、プールに行くなど工夫すれば、それなりのトレーニングになり、レース前の2,3ヶ月の集中練習で完走できるし、適度の体力は維持できるのではないでしょうか。前号で紹介した83歳の伊賀正美さんのように順位やタイムに囚われることなく、年に一度お馴染みの大会に出場して肉体と精神面の健康管理を維持するのが長続きのコツなようです。
(2012.5月)

<<前へ  ページのトップへ

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.