Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[17]トライアスロンが教えてくれたこと


 昨年はやっと長い間の念願であった芦屋浜でアクアスロンが開催され、加西市よりトライアスロン大会開催の要望があり、練習会も行われ今年度実現へと準備が進んでいます。世界でも金メダルや上位入賞と活躍する若手選手が現れ、やっと日本の土壌に根付いてきた観があり長い間協会の活動を続けてきた甲斐がありました。

 そのトライアスロンをして来て良かったことが一杯ありますが、自転車で淡路島や西脇まで行ったり六甲山を登るようになると、自宅周辺や市内の坂道も平気で走り回るようになっていました。日常の移動手段がそのままトレーニングですから、マイカーも不要、駐車場、ガソリン、保険などの経費がなくなり生活費の大幅な節約になりました。

 精神面での一番は肉体疲労に対する恐怖感がなくなったことです。世間では肉体疲労に対してマイナスイメージを抱く人が多いですが、この否定的な感情がストレスに繋がります。精神的な疲労は潜在意識に残ったりして様々な生活習慣病や鬱病の原因になって厄介な問題に繋がります。トライアスロンをしていると肉体的疲労は睡眠を十分に取りさえすれば解消できると体で納得するようになります。トライアスリートはきっと前世は荒行を積んだお坊さんで、肉体的試練を積むことで不安や恐れを取り除けることを潜在意識が知っているのでしょう。肉体的疲労を恐れず快感だと思える程にプラス志向になると、人生のストレスが半分以上減るわけですから大きなメリットです。

 一般にスポーツ界では肉体年齢があってピークを過ぎると引退するのが当たり前のように思われています。しかしトライアスロンは高齢者の健康増進のために楽しくゆっくり取り組める三つの有酸素運動を組合せて始まったのですから逆の筈です。NEC佐々木功監督の名著「ゆっくり走れば速くなる」おかげで「有酸素機能は鍛えるのではなく、開発されるもの」と分かった時、翌年の二つ大会に年代別で入賞してしまいました。それ以来ケガと疲労の原因になったインターバルやビルトアップなどハードなトレーニングとは無縁になってしまいました。

 武道で言う「朝鍛夕錬」は、「厳しく鍛える」ではなく「毎日続ける」と言う意味と思います。生きるか死ぬかの世界で生まれた武道ですが、闇雲に身体を鍛えればよいというものではなかったでしょう。これは武士道が禅と繋がったことは無念無想といった精神力に主眼を置いたことにも通じます。この「生涯スポーツとしてのトライアスロン」を書いていて一番に思うのは、老化を防止にはトレーニング量は減らしても、気力を如何に維持すかが課題であり、古武道の稽古にはそうした伝統に培われた知恵を感じます。

 修験道、座禅、気功、ヨガなどに共通するのは「腹式呼吸と空意識への誘導」なのですが、トライアスロンにも必要なことだと言えるでしょう。30年近くトライアスロンを続けてきて回りも見渡すと、足腰の故障、病気がちになって気力が衰え引退する人が結構いますが、肉体を鍛えることばかりに気持ちを向けていたからだと思います。瞑想や座禅が求める空の意識とは、頭の中を空っぽにすることで、(競技志向などの)執着や見栄、囚われがなくなり、呼吸に意識を向けることで潜在意識や内面を観察することになり、自分に優しくなれます。そして他人にも優しくなれます。

 農耕民族であった私たち日本人は朝早くから日が暮れるまで働き詰めという生活のリズムが身体に刻まれているはずです。侵略を受けたことがない日本民族は争いを繰り返してきた騎馬民族や狩猟民族などと気質・体質が違って当たり前。農作業のように自然と上手に付き合い、労を惜しまない=Long Slowで体を動かす、それを都市生活で実践するには社会との繋がりを立ち切らず、「一生現役」が健康に一番だとトライアスロンが教えてくれました。

<<前へ  ページのトップへ  次へ>>

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.