Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[8]今年の宮古島、そして淡路大会

震災後、縁あってこの宮古大会に参加してから今年で10回目の参加となります(ニュージランド・アイアンマンに途中1度出場)。沢山の友人ができたお陰で毎年キャンセル待ちなどで参加してきました。宮古大会は寒い冬や雨の多い春先に工夫して運動習慣を維持するのに時期的に丁度良く、年に一度は苦しみもがいてロングを走り、完走できれば体力が衰えていないと自己健康診断の目安としてきました。

来年還暦を迎えるので、退職後にどんなライフスタイルに切り替えるか考えています。体力はピークから下降線に入っている老いを真摯に受けとめ、もはや新しい事に気を取られず、これまでの体験で得た事を深めて行きたいと思っています。私の理想は西洋式のジムでのランニングデッキやエルゴメーターでのマシーン・トレーニングより、古武道の杖道練習やヨガ、山登りなど自然に触れ合う事とか、マイカーは持たずバイクかウォークで行動しロング完走の体力を維持することです。そこで昨年の宮古島の後、月1万円の出費を節約するため会員制のジムも脱会しました。

今年の宮古島大会には一度も泳ぎに行かず、ランは週に1度は摩耶山に登る、バイクは土日の雨が祟って3月に2度六甲山に登っただけでした。しかし、こんな状態でも、宮古島の土地が持つ独特のエネルギーと大勢のボランティアや島の人たちの声援に助けられてか何とか完走できる自信はありました。もちろん楽には完走できません。思い切り苦痛を耐え忍んで最後まで諦めずに前進する喜び楽しみ、これは正にマゾヒストに通ずるのでしょうが、この潜在意識に植え込まれた「苦しむ事を喜びとする」超プラス思考こそがトライアスリートのパワーの源であり財産だと思っています。

さて大会当日、穏やかな朝を迎えました、その後にわかに雨が激しくなってバイアスロンに変更になりそうでしたが、スタート30分前にはまた穏やかな天気に戻りました。私もいつもの調子でバトルを避けてゆっくりと泳いでましたが、なぜか1700mの折り返し地点まで時間がかかり、腕時計も壊れて表示しなくなり、これはかなり強い逆潮だから帰路が追い潮で楽になると考えマイペースを維持していました。ところが1700mの折り返しに直前のところで、「タイムオーバーになりましたボートに上ってください」と宣告されびっくりした。周りにも沢山のベテランがいて一緒にボートに上がらされた。今回のように往路で逆潮になるケースは10回のレース体験で初めて、こんな時に1700m50分の規制は厳しすぎる。

「苦しみに耐える一日」の予定が「楽する一日」となり、「10回に一度位ゆっくりしなさい」という神様のお計らいだとプラス思考し、トラ・バッグをまとめ嬉々としてホテルに戻った。洗濯や荷物の整理をすませゆっくりして、ドイツ村の観光も兼ねて、午後よりバイクに乗っていつもは見られないトップ連中のバイクの疾走の姿やマラソンコースでの人々の声援風景を観戦した。ゴールの競技場では、いつもお世話になっているおばあちゃんと一緒に花束を持って友人を待つ間、これほどまでに多数の人が熱い思いで選手の到来を待ち受けているのかと感謝感激させられてしまった。そして約1,300人のゴールを待ち受け、花の冠とタオルを渡してくれる日航の4人のスチュワーデスさんが一緒になって感動して涙を流す美しい姿を見て、「ああなんと宮古大会は素晴らしい」との印象を新たにした。スイムの失敗のお陰で貴重な観戦の一日となり、のんびりと宮古島で過ごす事が出来た。しかし来年の還暦を10回目の完走にするため大会前にせめて2、3度ロングを泳いでおきたい。

今年は医療班の歯医者さんと話す機会も得た。ご自身も隔年で参加されているアスリートなので、トライアスロン選手の中には健康管理が無茶苦茶な人とか血栓を持った人が結構いるとか、島の人々の中にもレースに対して無理解な人が多いとか話が面白かった。大型台風の被害が多い宮古では、本土からの緊急支援が当てにならないので、トライアスロン大会で組織した医療チームの経験が役立っているとか。22回の長い実績を持つ宮古大会医療グループには伝えたい貴重な話が沢山あるとのことで、本土の医療関係者との交流を希望されていました。その宮古島大会も存続が保証されているわけではありませんが。

参加させてもらう立場からするとどの大会も出来るだけ長く続いて欲しい。寂しいことですが20回目のオロロン大会が今年で最後になるそうです。財政難に加え、住民の高齢化、大会を支える2000人ものボランティアの確保難、大会予算は約2800万円で、ほぼ半額を市町村が負担、残りは選手の参加料や協賛金でまかなっているとか。淡路大会も今年は兵庫国体として開催されますが、来年以降は企業の協賛を得られれば存続可能ですのでスポンサー探しの強力な助っ人が必要です。超党派でトライアスロン議員連盟(仮称)が結成され、国体正式競技に向けて結束していくことが話し合われたとの話ですが、期待したい。

最近神戸空港へと海底を通るポーアイランドへの道路が開通したが自転車を排除した道路つくりになっているので、私は会社までかなり迂回して行かねばならないといった残念ながら日本の現状は車優先の都市開発がいまだ進行形だ。環境先進国のヨーロッパのように自転車を持ち込めるニュートラムを採用し、都心からマイカーを締め出して自転車が快適に乗れるようにするなんて夢のような話。ツール・ド・フランス,ジロ・デ・イタリアのようなバイク競技が開催されるとか、そして勿論トライアスロンがどこでも気軽に開催されるようになって欲しい。嬉しいニュースでは来年2月に制限時間7時間の東京マラソン2007が開催が決まりました、これを突破口に大阪、神戸や全国各地で同規模のマラソン大会が開催されるようになれば嬉しい。そしてマラソンブームが復活し、都心でのバイクレースやトライアスロン大会の開催の規制緩和へと繋がればと思う。
(2006年5月記)

<<前へ  ページのトップへ  次へ>>

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.