Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[7]みなさん、国体に参加しましょう

最近はトライアスロンに限らず、スキー人口が一時の3分の1に減っているそうで、それは携帯電話の普及のためだとの説があります。携帯が若者の生活に欠かせぬアイテムとなり、その経費捻出のためお金の掛かる遊びをするユトリがなくなったそうでなんとも悲しいこと。携帯とコンビニにはあまりお世話になりたくない私にとっては理解できないところです。しかし近頃の人たちが厳しい自然との触れ合いや体を鍛えるといった気構えが希薄になったなどと嘆いたりはしません。逆に冬のスキー場がスノボで混雑しなくなったなら、神戸空港から北海道や新潟も近くなったし、そろそろウインタースポーツを再開しようかという気になります。20年以上もトライアスロンと付き合ってきて、耐久競技にも自信がありますし、きっと若い頃とは違う味があるだろうと定年後が楽しみです。

さて、今年は兵庫国体でトライアスロンがデモスポ競技で開催されますが、兵庫県の会員の皆様には特典のある絶好の機会ですので多数の方に参加して頂きたいとおもいます。これを機会に兵庫県協会の会員数が復活してほしいと思います。その追い風のように、年末にはSMAPの二人がグアムで挑戦する番組がありました。内容はともかくスイム、バイク、ランの3競技を続けてする競技である事を影響力のあるスターが紹介してくれ嬉しい宣伝になりました。今年のロタ島でのトライアスロンにも、さる有名な会社の社長が挑戦したとの話を聞きました。過去にゴルフが普及したように取引先の社長がしているからといった動機が何であろうと盛んになってくれれば良いと思います。ゴルフのような環境破壊型ではなく環境保護型の競技であることが理解されれば、トライアスロン人口は増えると確信しています。

そして誰でも最初は競技志向とか頑張りすぎるワナに落ち込みます。そしてケガや病気をして、自分の身体を知り知恵を習得し無理をしないようになります。しかしバイクの事故などは、整備不良など自己責任だとしても、避けられるものなら避けたいものです。私も致命的な事故を避けて来れたのも運が良かっただけの事。健康で長生きしたいと思って取り組んでいる以上、トライアスロンに裏切られたくありません。ケガをして会社を休むと、『因果応報だ、好きなことをして会社に、家族に迷惑をかけている』といったことがあり、それで本当に止めてしまう人もかなりあります。事故はいつでも起こります、ゴルフでも、山登りでも同じで、街で階段を踏み外したりと、生きている限りいつでも起こりうることです。

有酸素運動のお医者さんが薦める代表的な3種目で健康管理に良いといった理解が深まっていると思いますが、トライアスロンになると過酷だとの間違った印象もたれていて普及の障害になっています。こうした誤解を解くためにも経験豊富なベテランたちが普及に一役買ってほしいと思います。高齢者の山登りには、初心者向きのガイドブックが豊富ですが、トライアスロンにも是非必要です。団塊の世代のほとんどは「少し走れば息切れする、マラソンなんてとんでもない」とか、運動経験は球技スポーツしか知らない人、あるいは糖尿、高血圧の持病持ちとかストレスと過労で半病人が多く、とても一人で運動する事に耐える気持ちや習慣がありません。その為にトライアスロンが「自分の体力にあったマイペースで取り組めるエアロビクス運動として、体に負担をかけないゆっくりの泳法を習い、階段の上り下りや歩き、人と話しながら走るLSDの超スローのピッチ走法、持ち運びできる軽い自転車を軽いギアーで乗る利点を知り、上手に生活に取り入れ習慣にすれば、スローなライフスタイルへと改善できる素晴らしい健康法なのです」といってもほとんど理解してくれる人はいません。その意味で、トライアスリートは社会的に特別の人と誤解されていますので、ベテラン達はその誤解を解く義務として、強さの謎?や秘訣やノウハウ、経験を伝える役目を担ってほしいのです。

これまで私はトライアスロンが盛んになって欲しいと思い、クラブ活動で仲間との交流を大切にしてきました。いや、ウルトラマラソンの世界まで知り、不可能だった事を可能にできたのは本当にトライアスロンの仲間のお陰で、そんな出会いがあって、今の自分があるのだから、生涯を通じて付き合っていきたい同志だと思っています。その事を人に伝えたい。その思いをこうして協会の会報に書かせて頂いています。私の所属する兵庫トライアスロンクラブが発足をして今年で23年になり、今は神戸を中心にした活動していますが、すでに高齢化しクラブ員の大会への出場回数は減り、練習会もほとんどなくなりましたが、絆を大切にして夏は集まってビールを飲み、暮れには餅つき大会をし、協会の競技にはボランティアで参加していてます。唯一宮古島大会には多数での参加を目標としていますが、最近は6,7人になりました。

嬉しいニュースですが、団塊の世代定年組の宗政さんが芦屋でアスリートクラブを結成し、芦屋浜でカヌーアスロンやウルトラマラソンや練習会を開催されてます。地域の良い環境を生かして、こうした活動が生まれてこそ同志の交流が熱くなってまた元気になれます。まさに私たちがお互い生かされている事を実感できる大切な活動なのですが、こうしたベテランたちの活動が地域に生まれてこそ、それぞれ経験を初心者に伝えていく環境が生まれます。ぜひ協会会員の皆様も地域のトライアスロンクラブを活性化し、定年を迎える団塊の世代にトライアスロンの良さを伝えていきましょう。2006年2月12日(日)兵庫国体第二回準備委員会(9:00〜12:00am)がありますので、ぜひ一緒に加わってください。普及の為に絶好の機会ですので、まずトライアスロン競技を盛り上げで成功させたいと思いますので宜しくご協力ください。

<<前へ  ページのトップへ  次へ>>

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.