Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2)

このテーマで書き始めた矢先、第2回の淡路大会で死亡事故が起こってしまったことは本当に無念遣る方無い思いです。亡くなられた方は健康のためにとトライアスロンに挑戦された訳ですから、なんと言ってもご本人が一番無念であった事だと思い、思い出すたびご冥福をお祈りしている次第です。

私がトライアスロンを始めた頃は、大会に申し込む際に必ず医師からの健康診断書をもらって書類に添付したものですが、それも徐々に形骸化してしまいました。例え、医者から太鼓判を押されても、大会当日にベストの状態にもっていける人はほんの少数でしょう。
私もこの21年間に練習中も含めてどれだけ命拾いしたかしれない事が度々ありますし、その事をを思うと本当に生かされていると感謝するしかありません。

4年前にニュージランドのアイアンマンに参加した時は、大会3週間前に二人の方が現地で自動車事故で亡くなられたニュースが続けて入ってきて、トライアスロンには環境抜群の国との思いこみを打ち壊されました。現地についての練習時も20トン車がスピードを落とさずに追い越す度に命の縮む思いをし、恐くて練習する気が失せてしまいました。

こんな思いをしてまでも、やはり私にはトライアスロンは生涯スポーツだとの信念は失せません。3つの種目を安全に気持ちよく完走した時の気分は最高ですし、それをやり遂げたことの満足感やそれに到るまでの充実した練習の日々が、健康なライフスタイルを確立するための私自身の知恵の蓄積になりますし、生涯元気で生き通すという意欲を高める大切な修行だと思っているからであります。

20年来一緒にトライアスロンをしてきた50才代以上の仲間達には、大まかに2つのタイプに分かれます。一つは記録にこだわってきた人、一つは完走を楽しむ人です。前者の人は記録を維持するために、練習量が多いことで、やはり腰やら膝を痛める事が多く、保険やら医者のお世話人によくなっておられます。そして「もう限界や、そろそろ引退する」なんて言葉をちょくちょく口にされます。

後者の方は、私も含めてトライアスロンを口実に旅を楽しみ、なんとか時間内のゴールが出来ればよいと、練習も出来る限り少なくて済むように知恵を絞ります。安全面にも注意を怠り無くし、バイクの練習も危険を避けるために熟知した家の周辺だけに限ります。
練習に一番時間をかけているのは室内でのヨガですが、これは筋肉や関節をやわらかくするだけではなく、アイソメトリックスとしての筋肉トレーニングになりますし、教室に通うと女性が多くて楽しくリラックスできます。

私は神道夢想流杖道という古武道も長年取り組んでいますが、これも身体術として含蓄のある深い教えがあり、ヨガ同様にトライアスロンの3種目にも役立つ身体操作があることを学ぶことができます。例えば、すり足、なんば歩き、胆力、胴体力、膝行、間合い、サバキの中心感覚など、なんだ一緒だと気づくことが多く、長く続けるほどに楽しさが増してくるというものです。テイケイの八尾監督からも今年の年賀状に「古武道のテクニックを取り入れている」と書かれていました。次回からはそうした事を、書き綴っていきたいと思います。そのためにも会員の継続をお願いします。
(2004年1月記)

<<前へ  ページのトップへ  次へ>>

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.