Sala santi logo
[ 1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1) [13]ピンチをチャンスに
[ 2]生涯スポーツとしてのトライアスロン(2) [14]スイムもナンバで
[ 3]ナンバ歩き [15]トライアスリートの菜食主義
[ 4]ナンバについて [16]菜食のすすめ
[ 5]ナンバ歩きの実践 [17]トライアスロンが教えてくれたこと
[ 6]競技志向の落とし穴 [18]生きる力を養うトライアスロン
[ 7]みなさん、国体に参加しましょう [19]100歳でも現役のコツ
[ 8]今年の宮古島、そして淡路大会 [20]生活に役立てるトライアスロン
[ 9]自転車通勤の極意 [21]高齢者のトライアスロン
[10]トライアスロンを人生の黄金期に活かす [22]トライアスリートは求道家なのか
[11]田山さんワールドカップ優勝とYao Logic [23]科学的に解明される魂とは
[12]転機を迎えて
健康道場サラシャンティのHPへ>>


[1]生涯スポーツとしてのトライアスロン(1)

私は21年前に兵庫トライアスロンクラブの結成に参加し、震災後は年に一度ロング・タイプを健康管理を目的に続けています。今回は生涯スポーツとしてのトライアスロンについて日ごろ考えていることを書いてみたいと思います。

会員の方も競技目的、健康目的と取り組み方は様々だと思います。しかしトライアスロンを知らない一般の人は、トライアスロンは過酷で健康に良くないと考えている人が多いようです。ですから生涯スポーツなんて言っても、イメージできない人が大半です。それだけトライアスロンへの間違った理解が世間にあるのは残念な現実です。

しかしどうでしょう、最近話題の三浦敬三さんも100歳でスキーを楽しまれていますが、100歳に近い高齢者で走る人、泳ぐ人、自転車に乗る人が時々話題になることがあります。ですから私の考えているトライアスロンも、こんな感じで3種目を楽しんで続けられたら無理ではないと思うのです。今さら都会生活を脱出する気はありませんので、車、バス、電車など使わずに、身近な生活圏の近距離を歩き、走り、自転車で移動するようにし、そしてプールでの水泳やストレッチを適度に楽しむことを続けていれば、年に1度や2度のトライアスロン大会にも出場できると思っています。

震災の前までは、タイムや順位をこだわり、練習に時間をとって無理をしていました。今から考えると、自分の身体を随分酷使していたと思います。震災のお陰で生活がかわり、その為に競技志向が排除でき、マイペースでレースを楽しめるようになりました。練習時間は減りましたが、ロングタイプを完走するだけの最低限の体力と気力を維持しています。しかし最近つくづく感じるのはロングは体力や気力も必要ですが、体の中の記憶とか、場数を踏む事から得られるリラックスした意識や姿勢も必要不可欠な要素だということです。そして諦めない気持ちが大切だと思います。

勿論、この境地に到るまでには長い時間を要しました。例えば練習の時は大して水や食料を摂らないのに、なぜか競技の時は過食していることに気付きました。それは不安やストレスに起因していた訳ですが、それに気付いて随分楽になりました。水分摂取は本当に喉の渇きを感じるまで控え、補給も少し空腹感が起こるまで抑え、頭ではなく体の声を聞くようにします。普通は先に先にと言われていますが。

また練習できなくて不安を感じる時は、完走できなくても良いじゃないと居直ると楽になります。宮古島大会の場合は14時間を一杯とってゴールするように時間配分すると、どんなに人に抜かれても、後方を走っていても気にならず、亀さん気分でいられます。前半で体の調子が良いからと、スピードを上げたりすると結局後半にそのツケが回ってきて苦労します。正しいリズムやピッチを守って、リラックスして自分を見失わないことは、すなわち座禅や瞑想の境地かもしれません。

こうしたことは会社や家庭の仕事や日常生活でも生かすようにしていますが、これはトライアスリートだからこそ得られる「生活の知恵」だとトライアスロンとの出会いに感謝しています。他人と比較せず「自分との対話」を大切にし、「未知の自分を知るため」にと取り組めば、生涯役に立つ深い知恵を得られると思っています。
(2003年8月記)

ページのトップへ  次へ>>

Copyright Masahiro Shimizu. All rights reserved.