緊急声明:東北地方太平洋沖地震に関して

平成23年3月11日に発生した東北地方太平洋沖地震により多くの尊い命が奪われました。大切な方を失った方々に哀悼の意を捧げるとともに、亡くなられた方々のご冥福をお祈り申し上げます。

この度の震災は、津波や原発、そして非常に広範囲に亘る被災地域である点など、阪神・淡路大震災とは異なる部分もあります。しかしながら、被災者自らが綴った10年10冊の当会の手記集には、復興過程で被災者が直面した数々の問題が記されております。それらの経験を参照していただくことが、これから起こるであろう諸問題の解決の一助になるのではと考えます。

事前にご連絡いただければ、手記の複製・写真利用等も商用以外であれば許可しております。
なにとぞご活用くだされば幸いです。 
                        2011年3月19日
                        阪神大震災を記録しつづける会事務局

 

第1巻
(絶版)

被災した私たちの記録

第2巻
(絶版)

阪神大震災−もう1年、まだ1年

第3巻
(絶版)

まだ遠い春 阪神大震災3年目の報告


第4巻
(絶版)

今、まだ、やっと・・・阪神大震災それぞれの4年目

第5巻
(絶版)

私たちが語る5年目

第6巻
(絶版)



第7巻
(絶版)

阪神大震災 7年目の真実

第8巻
(絶版)

第9巻
(絶版)

第10巻

「未来の被災者」へのメッセージ

 
6,434人の犠牲者を出した阪神・淡路大震災。
  当会では震災直後から、被災者が自らが鉛筆を持ちキーボードをたたいて綴った体験と、被災地以外の方々の関わりや感想を記録し続け、10年10巻の手記集を出版してまいりました。
  これからは、集積した記録・資料のの公開や今後の活動を通じて「阪神大震災とは何だったのか?」を検証いたします。
  
  
NEW!記録しつづける会の現在の活動はこちらをご覧ください → 記録しつづける会・活動ブログ























全10巻掲載作品の全文を公開しています

* 発行年月 タイトル
第1巻 1995年5月 「被災した私たちの記録」
第2巻 1996年3月 「阪神大震災−もう1年、まだ1年」
第3巻 1997年6月 「まだ遠い春 阪神大震災3年目の報告」
第4巻 1998年6月 「今、まだ、やっと・・阪神大震災それぞれの4年目」
第5巻 1999年6月 「阪神大震災 私たちが語る5年目」
第6巻 2000年8月 「阪神大震災 2000日の記録」
第7巻 2001年6月 「阪神大震災 7年目の真実」
第8巻 2002年12月 「阪神大震災 8年目 記憶の風化と浄化」
第9巻 2003年9月 「阪神大震災震災体験手記第9巻 記録と記憶」
第10巻 2005年1月 「阪神大震災から10年 未来の被災者へのメッセージ」


これまでの歩み
広報活動
写真で見る阪神・淡路大震災
投稿手記・論文(2006年以降)

お問い合わせ:
阪神大震災を記録しつづける会・事務局